fc2ブログ
04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

健康医学社 温泉権名目で70億円詐取

2012.08.11 (Sat)

こんにちは。


今日の鹿児島は朝方は雨が降っていたのですが、次第に晴れてきまして暑い一日となりました。


昨日の深夜にトレーニングをしていたのですが・・・
2012081116450000.jpg 
このようにダンベル15kgを片手に反対側の手は頭の後ろにもっていき腹横筋を鍛えていたわけ

です。(20回やるとスジがピキピキっとキマすね)

さて、これとは全く関係ないですが昨日はまたとんでもないニュースがありました。
健康医学社 「温泉権」名目で70億円集金

温泉を独占的に使用できる温泉権などの販売で資金を集め、高配当を約束していた健康食品販
売会社「健康医学社」(東京都港区)について、一部被害者らが7日、東京地裁に破産を申し立て
たことが分かった。全国約700人から約70億円を集めていたとされ、配当の支払いや
解約の申し出に応じられなくなっていた。被害者側は出資法(預かり金の禁止)違反や
詐欺容疑で警視庁に経営陣を刑事告訴する方針。

被害者の代理人や同社関係者によると、同社は金融機関への返済に苦しんでいた十数年前から
温泉や鉱泉などの権利の販売を開始。出資額は1口100万円程度で、温泉や鉱泉は鹿児
島県霧島市の工場敷地内にある
とした。同社が温泉を使う「利用料」として年約5%の配当
を約束
し、契約期間の満了後は「元本を返済する」と説明していた。

しかし、2~3年前から配当が滞るようになり、顧客に「会社の再建後に支払う」と文書で通告。
解約を求めても、応じない状況が続いている。一部の被害者は資金の返還を求めて東京地
裁に提訴したが、同社側は出廷せずにそのまま敗訴が確定。原告には「分割で支払う」と約
束したが、出資金は支払われていない
という。

被害者側代理人の野村吉太郎弁護士によると、被害者が権利を取得したとされる鉱泉を調べた
ところ、温泉法に基づいて作成する温泉台帳には登録されていなかった。野村弁護士は
「温泉自体が存在しない疑いもある。集めた資金の多くは別の顧客への配当に充てる自転車操
業となっており本質的には詐欺」と話す。

民間信用調査会社「東京商工リサーチ」などによると、健康医学社は黒酢など健康食品の製造・
販売で年商は最高で約15億円。黒岩裕勇起社長は「敷地内に温泉5本、鉱泉2本が実在する。
支払いが滞っているが、主力製品の黒酢原液が300億円相当分残っており、きちんと返す
」と話している。


という内容です。


そもそも「○○の権利」という名目に高額な金額がつくこと事態がおかしいと思うべきですね。


権利=何もないもの(製品でもなくサービスの役務でもない)ですから。


そして年5%配当ですが、銀行金利で今ほぼゼロ金利ですよね。


1998年頃から集金してますので約10年で70億円ですから金利だけで35億円


温泉利用料って温泉施設でも大人一回300円くらいですが。
(一日500人も来ればいいほうです)


黒酢原液300億円相当。。。映像で見る限り「黒かめ」らしきものは沢山ありますがそれが全部


売れたとしても300億円には程遠い数しかないでしょう。


しかも年商が最高で15億円ですから「年商=売上げ」ですよ利益とは違いますよ。


温泉利用料だけでなく健康器具・健康食品合わせての年商ですよ。経費差し引いても1億円利益


出るのか(70億円集めたわけですので毎年の金利だけで3億5000万円ですが(^^;))


刑務所で十分反省していただきたいと思います。
スポンサーサイト



テーマ : 健康生活:病気・治療法 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

17:43  |  悪徳業者  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

コメント:

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

トラックバック:

この記事のトラックバック URL

→http://minerallabo100.blog.fc2.com/tb.php/586-c1a70f20

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |